2014年11月05日

真の愛でキャップ集め


どうもこんにちは、なべちゃんです


今回はCARP PROJECTに参加したので、紹介したいと思います。

慶成CARPが今取り組んでいるプロジェクトはキャップ集めプロジェクトです。


皆さんはポリオという病気をご存知でしょうか?
この聞きなれないポリオですが、
今もアジアの貧しい国々では多くの人が苦しんでいる病気なのです。

私たちはこのポリオに苦しむ人にワクチンを届けるべく、ペットボトルのキャップを回収し、
860個のペットボトルキャップとひとり分のワクチンと交換するというプロジェクトをやっています。
そして、統一原理の中心的な理念である、ために生きることを実践し“原理の実体”となろうと笑顔で活動しています。


私たちが掲げているスローガンはこちら、
“未来を照らす光となって、家族文化を拡大しよう”
です。

 苦しむ人、悲しむ人、
 将来に希望が持てない人、
 最近の若者は・・・トホホと思ってる人、
 ために生きたい思いはあるけれどなかなか難しいという人、
 それ以外にもすべての人たちにとって希望の光となるために。

そして、苦しむ人がいれば家族のように放ってはおけないような、
温かい真の愛に包まれた家族文化を私たちの実体から発信し、拡大していこうという熱い思いを持ちながら活動しています。



さて今回は「体重増加率二人合わせて、±0!!」チームと
「美女・美女・野獣」チームの2チームに分かれて活動を行いました。

よりために生きることを具体的に実践するために、今回は「笑顔」をテーマとし、みんで笑顔で地域の皆様に希望を与えるために1時間にわたって神奈川県日吉駅周辺で活動しました!


中にはたくさんのキャップをくれる人、頑張ってね!!と励ましてくれる人、お家の中から必死に探してきていただく人、いろんな人がいました。
ご協力いただきまして本当にありがとうございます!!



最終的な結果は・・・・
推計1100個!!!!!!!

これで1人分のポリオのワクチンと交換が可能です!!
改めて、皆様ありがとうございました!!
image-203b7.jpg

参加した人の感想としては、笑顔で地域の人のために生きることや家族文化を意識し家族に接するように親切に心をこめて接する中でために生きることの素晴らしさを実感するメンバーが多かったです。


最後に…
"Love is doing small things with great love."
By Mother Teresa

愛とは小さなことを大きな愛情を持ってすること。
By マザー・テレサ


"Carry out random act of kindness,with no expectation of reward,safe in the knowledge that one day someone might do the same for you."
By Dinna,Princess of Wales

見返りを求めず、誰にでも親切なことをしてみて下さい。いつの日か誰かがあなたに同じことをしてくれるのかもしれないのだから。
By ダイアナ元妃



生前ために生きる活動をし貧しい人たちのために生涯をささげたお二人のように私たちもペットボトルのキャップ集めという小さなことですが大きな愛を持って、完全に与える心で、見返りを求めることなく感謝して活動していきます!!!

最近は世界でも様々な問題・課題に対して若者が立ち上がり解決・克服のために活動しているということがニュースになっていますが、私たちも、私たちだからこそ神様を中心とした家族文化を広めていこうと思います。


posted by 慶成CARP at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
希望的でいいですね!
皆の笑顔が透いて見えるようです^^
Posted by えまそん at 2014年11月07日 10:57
広大のみどりむしです(o^^o)
ステキな活動ですね!
最後の言葉にもありましたが、やっぱり為に生きるって、活動の規模ではなく、どれだけ心をこめてできるかの方が大きいですよね!
Posted by みどりむし at 2014年11月08日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック