2015年03月04日

夫婦別姓について考える

こんにちは!
早いものでもう3月かわいいですね!
徐々にではありますが暖かくなってきて、春の足取り足を感じる(気がする)今日この頃です(笑)


全く新しいニュース、というわけではありませんが、先月末新聞を見ていて気になった記事があったので、シェア出来たらと思います。

夫婦別姓についての問題です。


明治以降、日本ではずっと結婚した夫婦は同姓を名乗ることで家族や氏族の絆を深めてきました。

それを夫婦別姓もOKにしようという動きがあるのです。

確かに一般的には女性(婿養子の場合には男性)が結婚して姓が変わることになるわけですが、ハンコや様々書類など色々と作り替えたり手続きしないといけないのは煩雑かもしれません。

逆にそれを通して結婚した実感を持てる、ということもあるように思いますが。


海外ではどうかというと、欧米諸国では、同姓、複合姓、別姓の選択が可能である国が多く、お隣の韓国を始めアジア諸国では別姓を取っている国が多いように感じます。

調べてみたところ、日本のように同姓を原則として定めている国は、以前はドイツやタイがそうだったようですが、現在は法改正によって選べるようになったため、実質ほぼ日本だけのようです。



記事には世論調査の結果も示されていましたが、興味深いのは、夫婦別姓の認可を訴える人もいる一方で、あまり賛同的でない人の割合は年々増えているということです。

更には、夫婦別姓を認めても良いと思っている人の半分は、認めても良いが自分は希望しない、という立場を取っていることも書かれていました。


ここで懸念される一番の問題は、夫婦別姓導入による子どもたちへの影響でしょう。
多くの人々は、夫婦別姓を認めることは子どもたちに何らかの悪影響があると考えています。

特に、仮に子どもたちは父母のどちらの姓も選べる、ともなればどうなってしまうでしょうか。。。


もちろん、姓が変わることで仕事上なとで不都合があったり、少し寂しい感じがしたりすることもあるかもしれませんが、前者は通称で旧姓を使えるようにすれば解決出来るのではないかと思います。

戸籍上においても、選択制にしていまうのは、それ以上の弊害がありそうな気がしてなりません。


よく、田舎の方にいくと、同じ苗字の家が多く固まっていて、実際、皆親戚同士の場合が多く、凄く一体感と感じます。
また自分と同じ苗字の人と会うと、全く知らない人でも何だか親しみが湧く、という感覚がわかる方も多いのではないでしょうか。
そういった氏族文化というのか、家族や親戚の一体感を私たちは近代において築いてきたのではないかと思います。

たかが苗字。かもしれませんが、その背景には色々な歴史があります。

日本だけが夫婦同姓を貫いている、と聞くと、考え方がもう古いのではないかとか、固執する必要はないのでは、という意見も出てくるとは思いますが、ただでさえ核家族化であったり、家族内での交流が薄れがちになっている現代において夫婦別姓を導入することは、更なる家庭崩壊を助長するリスクが高いように感じてならないのですが、皆さんはどのように感じるでしょうか。

(Emma)

※これはあくまでも個人的な見解から書かれたものであり、W-CARP Japan及び慶成CARPとしての公式的なものではありません。
posted by 慶成CARP at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私は導入に賛成です。

そもそも、今でも、事実婚夫婦のお子さん、国際結婚のお子さん、家の事情で母方の祖父の養子になった方等、様々な事情で親と姓が違う方が実際にいらっしゃいます。

「親と子が名前が違うから不幸」とか「家庭崩壊」とかいうのは、あまりにその子供達に対して、失礼だと思います。
(ほとんどの)夫婦別姓にしたいと思う夫婦も、もちろん子供のことを最優先にして行動するものです。
子供のことを思わない親などいません。その夫婦の事情において夫婦別姓にするのが一番、と親が判断するのであれば、それが一番、と思います。
Posted by 猿飛佐助 at 2015年03月05日 08:51
猿飛佐助さん
ご意見ありがとうございます!
確かに現時点で様々な事情のある家庭があるから、こういう問題が浮上してきているのだと思います。
ただ断っておくと、私は必ずしも家族で姓の違うこと自体が幸不幸を決めるとか家庭崩壊に繋がるとは思っていません。そう取れるような書き方になっていたのならごめんなさい。

国際家庭は現時点でも別姓になるのは問題のないことですし、多分殆どの家庭には導入しようとしまいと関係のないことだと思います。
要は、当初は必要なかった夫婦別姓を導入しなければならないような"複雑な"家庭(もちろん真っ当な理由のある場合もあるとは思いますが)が増えつつあることを容認して良いのかという価値観の問題も孕んでいるように私は感じています。
Posted by Emma at 2015年03月05日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック