2017年03月31日

卒業🌸

度々ご無沙汰しております。。

そして久しぶりのわたくしEmmaです。
旧ブログの時には週1、2でトータル100本近く書かせてもらったこともありましたが、近年は後輩に任せてひっそりと見守っておりました。

この度、ついに私も大学そしてCARPを卒業となりました。
薬学部だったので6年間もいさせてもらって、様々な大学・学部の人と関わることが出来て非常に感謝しております。
もともとかなり人見知りな人間なのですが、CARPに来たお陰で色んなタイプの人と交わることが出来ました。また、料理などの生活力に加え、忍耐力・統率力・マネジメント力など、様々な能力も身につけられた期間でした。


ここ数年、慶成CARPも決して大人数ではありませんでしたが、お互い強力し合いながら、定例研究会やプロジェクト、原理研究など色々チャレンジしてきました。なかなか広報が追いつかず、発信出来なかった内容も多くありましたが、多くの方がこの画面の向こうで応援して下さっていることに感謝致します。


この春、1年生の合宿の手伝いを主にさせて頂いていましたが、これからの世の中を動かしていけるのは、やはり大学生圏・若者だなと思いました。(年寄りみたいな言い方ですね、、笑)
この時期に多くのことを学んで、自分のことだけでなく、どう社会や世界に貢献していくか、何を自分の軸としていくかを真剣に悩む姿に希望を感じました。
世の中が混沌としているこの時だからこそ、野望を持った、良い意味で型破りな若者が沢山出てきて欲しいものです。(私ももちろんそうありたいですが!)
そのためにも今の大学生には、ただやりたいことをやるだけでなく、苦労も沢山して、味のある大人になって欲しいな〜と思います。

私もこれからはOBとしてCARPの後輩たちを応援していけるように頑張っていこうと思います。今までありがとうございました!
posted by 慶成CARP at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

しょげないでよBABY

お元気様です!ジニーです🌸

2017年、初めての投稿になります。
ご無沙汰しておりました💦
みなさんお元気ですかー??✨


私はお正月に帰省しまして、おせちにお雑煮はもちろん、もういろいろ食べて🍗💓

、、、も、もちろんそれだけじゃなくて、家族で出かけたり、或いは出かけなくとも共に過ごすだけでも心安らぐ時間でございました。
振り返ると怒涛のように毎日が過ぎてます🌀…!!


最近すごく感動した映像🎥があって、今日はそれを紹介したいです!🎦

「はじめてのおつかい」という番組で、ご存知の方も多いかと思います💡
1330483289.jpg
※写真はイメージです

我が子を初めてのおつかいに送り出す親と、親に頼らず1人でおつかいに挑戦する子どもの姿をカメラが追う、この人気番組✨

この回では、サッカーの大久保選手の息子さんがおつかいに挑戦することに。


、、、、心配しながらも、子どもを信じ、送り出す。
そして無事に帰ってきたことをただ喜ぶ親の姿。

嫌々ながらも、いろんなことを越えて、親のために精一杯頑張る子どもの姿、、、
とっっっっても感動してしまいました😂
これが親子の絆💓だなあ、、、と、、、。

一番グッときたのは、このお子さんの姿。
最後に彼は頼まれていないお花🌹をお母さんのために買ってきたのです。
そして言った一言にお母さん、号泣😭。(それまでにすでに号泣されてましたが笑)

https://youtu.be/sQLD7S24s0g

いや、もうそりゃ泣いちゃいますよね、愛する我が子にこんなこと言われたらねえ、、、。


こんな娘に私もなりたいなと思いました。

毎日がこんな素敵な愛で溢れる日々になりますように🌠
posted by 慶成CARP at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

ひとりごと


ー小学生くらいだろうか、小さい頃に考えたことがあった。
IMG_9320.JPG

なぜ、親が子を虐待するなんてことが起こるのか。

その親の家庭環境(同じように虐待と受けて育った、親から愛されなかった、etc.)に問題がある場合が多いと聞いて、
じゃあその親の親、そのまた親の家庭、、、とずっと遡っていって、そこに問題があるんだとしたら。キリがないな。
その負の連鎖はどこかで断ち切っていかなければならない。


自分がそういう環境で育ったから。

それを言い訳にしていたら、悪い習慣はいつまでもなくならないんじゃないか。
どこかで誰かが、勇気を持って立ち向かって、忍耐して、止めなければならない。
それさえ出来れば、犠牲になる決意を1人がすることによって、そこから先は皆んな幸せになれるのに。

そう考えた。



言うほど簡単ではないだろうし、家庭環境なんて多種多様で一概に言えるものではないけれども
私たちは習慣性のあるものに対して、もうそういうものだから、と良くないにも関わらず、変えることを諦めていることってないだろうか。


負の連鎖を断ち切る。


断ち切る、というと何だか凄くエネルギーがいるように思われるが、
もっと希望的に、新しい流れを作る、というか
一旦リセットして、自分から良いもの、新しいものを起こしていく、伝統にしていく。
それを世の中にも広めていきたい。


そんな、いい意味で野望を持った若者が増えればなーと思うのです。

posted by 慶成CARP at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする